製薬業界ニュース
2021年06月20日(日)
 製薬業界ニュース

京都府立医大とプロトセラ、早期大腸がんを血清から非侵襲的に診断

新着ニュース30件






























京都府立医大とプロトセラ、早期大腸がんを血清から非侵襲的に診断

このエントリーをはてなブックマークに追加
5種類のペプチドが早期大腸がん検査に有用
公立大学法人京都府立医科大学の研究グループとウシオ電機株式会社の連結子会社株式会社プロトセラのグループは3月8日、新しい質量分析法により発見された5種類のペプチドが、早期大腸がんの血清スクリーニング検査に有用であることを明らかにした、と発表した。

プロトセラ
新しい質量分析法とは、プロトセラが保有する特許「BLOTCHIP-MS法」である。

ステージ2までの早期大腸がんを非侵襲的に診断可能
大腸がんは、スクリーニング検査による早期発見で、根治が可能な疾患である。

プロトセラは、早期大腸がんを非侵襲的に診断する方法として、BLOTCHIP-MS法を開発し、大腸がん患者の血清から特異的に変化するペプチド群を発見・同定した。そのうち、5種類の組合せが大腸がんの検出に有用であることを発表した。

今回、京都府立医大病院外来受診者で、ステージ1~4の大腸がん患者56人、健常者60人、大腸腺腫患者60人を対象に検査を行った。

各患者より採取した血清は、プロトセラ製の「ProtoKey大腸がんリスク検査キット」で処理後、液体クロマトグラフィー質量分析法で5種類のペプチドを測定し、0~1のリスクインデックス値を算出し、既報のスクリーニング成績と比較した。

その結果、リスクインデックス値は、大腸がん患者の各ステージで健常者より有意に高い値を示し、ステージに従って上昇した。

特に、手術で根治可能なステージ2まで有意な上昇が認められ、早い段階で大腸がんを非侵襲的に診断できることが判明した、とのこと。

今回開発したスクリーニング検査法により、大腸がんを根治可能な早い段階での診断が可能となり、今後大腸がんによる死亡率が大幅に減少する可能性がある、という。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

ウシオ電機株式会社のニュースリリース
http://www.ushio.co.jp/jp/news/1003/2018-2018/500302.html


Amazon.co.jp : プロトセラ に関連する商品
  • アステラス製薬、テレビCM「明日は変えられる。~過活動膀胱篇~」の放映を開始(3月20日)
  • 大正製薬、乗り物酔い止め薬「センパア」シリーズをリニューアル(3月20日)
  • リアルテックファンド、独自技術により高純度の単結晶を開発する研究所に出資を実施(3月18日)
  • 久光製薬、水虫・たむし治療薬「ブテナロック(R)Vα クリーム 18g、液 18mL」をリニューアル発売(3月17日)
  • アンジェス、米国でDNAワクチンに関する特許を取得(3月17日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->